脳トレ講座 (3) - 川村教授の速読法マスター講座

最新のお知らせ

限定無料招待!
あの川村明宏教授に会える
間も無く終了します。お申し込みは早めに!
sokudoku.gif

老化がはじまるきっかけとは?

新しいことにチャレンジし続けていれば、
脳もずっと生き生きし続ける。 

チャレンジ精神は長寿者に共通する。 

世の中には、88歳でエベレストに
登山する人や85歳からフェンシングを
始める人、95歳になってから中国語を
マスターする人もいる。 

年をとって自分にはできない、
とあきらめた瞬間が老化の始まりである。

使わなくなるとその瞬間から退化が始まる物なのです。

そのいい例が、
入院、骨折などをして長期入院を余儀なくされると、
どんどん筋力が衰えます。

それは、寝たきりで筋肉を使う必要が無いからなのです。

脳も同じこと、
退化(老化)させないためにも常に挑戦し続けましょう。

笑う門には福来る

「笑顔」は脳を活性化し、
将来の認知症予防にもつながる。 

よく笑う人は認知症になりにくいのです。 

笑顔は自分のためだけでなく、
他人も気持ちよくさせることができるので、
自然と周りに人も集まるようになります。

コミュニケーションを取る時もとても大切です。

もしあなたなら、
始終しかめっ面した人と、
いつも笑顔でいる人、

どちらと仲良くしたいですか?

答えは出ていますよね。

ボケない簡単な方法

自ら進んで挨拶をする人は、
ボケない。

挨拶ができる人とできない人がいる。 

「おはよう」と言える人は
 ボケることはない。 

知らない人とコミュニケーションを取ることは、
認知機能の衰えを防ぐ上で、
とても有効な手段である。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。